教育・職員交流

■教育■
神戸商工会議所が主催する講習会やセミナーなどの受講により、職員の資質向上と能力開発に役立てています。特に、新入職員については、入所直後から様々な新入社員向け研修を受講いただき、ビジネススキルの基本や社会人としてのイロハを学ぶ機会をできるだけ多く設けるように努めています。
また、職員を対象としたコンプライアンス研修なども独自に実施するなど、「会員企業から信頼される」職員になるための取り組みも行っています。
さらに、業務に役立つ資格取得等をバックアップするための補助・報奨制度も設けており、職員が自主的に意欲を高め、やりがいを実感できる組織づくりに努めています。
職員研修
 
 
■職員交流■
世代や部署の壁を越えて職員同士が交流を深めるため、職員旅行や懇親事業、クラブ活動などを実施しています。また、職員の健康の維持・向上を図るため、健康診断なども法定を超えた補助措置を講じており、職員同士がいきいきと働ける職場づくりに努めています。

懇親事業

職員の親睦を深めることを目的に、各部署から職員が集まり、どうすれば部署を超えて交流が深まるかを考え、懇親事業や職員旅行を行っています。
職員旅行

野球部

春~秋頃まで、毎月2回程度の練習を行っています。
年次、役職、部署がバラバラな職員が集まり、和気あいあいと楽しく活動しています。業務上、接点が少ない職員とも親睦を深めることができるので、参加率は非常に高いです。秋には京都・大阪・神戸の3商工会議所が集まり、伝統の3商戦を開催しています。

野球部

フットサル同好会

春~秋頃まで、毎月1回程度の練習を行っています。
若手中心でメンバーは少ないですが、ゆる~く活動しています。毎年秋には神戸市の大会に出場しており、2014年には準優勝という成績を収めました。

フットサル

PAGE TOP